大会レポート

トップ > 大会レポート > 第69回長崎がんばらんば国体報告

2014-11-04

第69回長崎がんばらんば国体報告

台風の影響で状況が変わる中、二選手ともぶれず頑張った!

長崎がんばらんば国体報告

dscn2685

長崎がんばらんば国体(長崎県・五島市/トライアスロン競技)
へ行ってまいりました。

 

台風19号が吹き荒れる中、普通の大会であれば間違いなく
中止になる状況の中でアクアスロン(S500m R5km)で開催
され、川端選手・小原千絵選手共に強風に立ち向かい全力を
尽くしてゴールしてくれました。


dscn2675

 


dscn2662

 

・チーム鳥取トライアスロン競技成績
男子25位 川端大介選手 25分24秒(S6分48秒 R18分36秒)
                 
川端選手報告書はこちら

女子15位 小原千絵選手 29分34秒(S6分45秒 R22分49秒)
                 
小原千絵選手報告書はこちら
 

これまで、短期間ではあったけど、国体に向けて努力を重ねてきた
千絵コーチには疲れを癒してやりたいと思っています。

 

また、川端選手も苦手のスイムに重点を置き、トレーニングを重ね
昨年の36位から25位にジャンプアップしてくれました。
間近でこんな二人をサポート、応援でき本当に嬉しく感動しました。


dscn26581

dscn2654


dscn2670


何年も前から開催に向けて準備されてこられ、何度も
協議を重ねられ、競技を開催していただいた国体関係者
の皆さま、五島市の皆さま、長崎県トライアスロン協会の
皆様に感謝申し上げます。

本当に本当にありがとうございました。

dscn2666

レーススタート前の晴れ間は、競技開催に関わる
皆さんの熱い想いが届いた奇跡的瞬間であったと
思います。

どんな状況であってもみんながひとつになる国体は
本当に楽しい!!

感謝、感謝、感謝!!!