大会レポート

トップ > 大会レポート > 第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)報告

2014-11-04

第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)報告

第20回の記念大会でした

第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)

二分陽子選手・岩本敏選手共に全力で戦ってきました

第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)報告

日時:平成26年10月26日(日)女子8時25分 
                    男子11時スタート
場所:東京都港区・お台場
天候:晴れ 気温19℃ 水温女子18.8℃ 
                  
男子20.0℃
参加:女子54名 男子65名
成績:
女子 二分 陽子 バイク3周回DNF  S23分58秒 
            
二分選手報告書はこちら
        

男子 45位 岩本 敏 2時間00分11秒 
            
岩本選手報告書はこちら
     S19分34秒(32) B58分22秒(43) R40分08秒


所感:

dscn2693

dscn2708

第20回記念の日本トライアスロン選手権、チームエフォーツの
両選手の挑戦無事に終えることができました。
チームから10度目の挑戦をした二分陽子選手は残念ながら
バイク3周回目にDNF。
なんとか完走させてあげたかったですが...

広島県福山から米子に移り住んで来てくれ、いつもジュニア選手
たちの手本となってくれています。
これまで10度(10年)に渡り、諦めずに挑戦し続けてきたことは、
これからの彼女の人生の糧に必ずなると思います。
11度目の挑戦はあるのかどうか分かりませんが、挑戦が続く限り
完走できるよう指導・サポートを続けたいと思っています。
そして、これからもトライアスロンをもっともっと楽しんで欲しいです。

また、高校3年の岩本敏選手はスイム、バイクまで自分に負けず
終始積極的なレースを展開しましたが、故障で練習を積めなかった
ランは粘りの走りとなりました。
それでも最低の目標であった完走(45位)は果たしました。

日本トップ選手たちと共に初めてスタートラインに立てたこと、
完走できたことは、これからの彼の競技人生の最高の宝となること
でしょう。

中学一年の時からこれまで6年間、彼をチームに預けていただいた
ご両親には本当に感謝しております。
最高の教え子に出逢えて私は本当に幸せです。

地元からご声援いただいた皆さん、現地で応援いただいた皆さん、
いつもご支援、ご声援いただいている各スポンサーの皆さま、
いつも本当にありがとうございます。

また、大会でお世話になりましたスタッフ関係者全ての皆様にも
感謝申し上げます。ありがとうございました。

今シーズンのトライアスロンレースは終了となりましたが、引き続き
来シーズンに向け努力を重ねてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

img_0102img_0098


dscn2714

dscn2700

img_0102img_0098

dscn2701

dscn2718